災害時広報文章作成支援システム(消防研究センター委託業務)

地方自治体の災害対策本部に設置する事を想定したシステムです。災害発生が見込まれる初期段階から複数の情報収集(象庁の各種警報注意報・土砂災害情報、J- ALERTからの各種警報注意報、国土交通省の河川情報、 水防団・自治体作業員からの実地調査情報......等)を行い設定した閾値を超えた場合、自動的に避難広報文を作成します。
作成した浸水予測範囲図と家屋位置、避難所情報から、住民がどこへ避難するべきかの調査が可能です。

弊社では地理情報システム(ArcGIS-米国ESRI社)のカスタマイズに対応いたします。

  • システム
  • WEBシステム